お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜18:00(平日)

メールでのご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

日本の年金制度を理解して老後資産を効率的に運用する方法

日本の年金制度を理解しておくと60歳以降に損をしない!?

私たちは、漠然と65歳になったら、年金を受け取れるということを知識として持っています。年金は勉強をしても制度が複雑なため、きちんと理解して65歳を迎える方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。

実は年金制度、事前に知っておいて働き方を考えて65歳を目指す方が効率的なのです。

確定拠出年金の積み立てと運用を合わせて、きちんとした知識を持つことで将来受け取る時の資産の総額は百万単位で変わってきます。

今回は日本の年金制度を解説していきたいと思います。

1.老齢基礎年金とは何か?

まず年金制度といわれるものは、いくつかの種類があります。私たちが一般的に言う「年金」とは、基本的には20歳から加入している国の年金制度のことを言っています。この年金制度の正式名称は

「老齢基礎年金」と言います。

20歳から60歳まで加入して納める年金の一番基礎部分になる、国からの年金制度です。こちらは現在65歳からの受給となり60歳から5年の空白期間があるのです。

この5年は待期期間といい、未納がある方はこの5年間に任意加入して年金額を増やすことも可能です。

2.60歳から5年間も待てない方は「繰上げ受給」もできる

本来は65歳からの受給が基本ですが、60歳から老齢基礎年金を受け取ることもできます。それを「繰上げ受給」といいます。

繰下げ受給は65歳で受け取るよりも受給額が少なくなり、その額が続きます。

逆に70歳まで受け取りを伸ばすこともできます。そのことを「繰下げ受給」といいます。繰下げ受給に関しては受給額の増加となります。

ここでまとめると、老齢年金を受け取るタイミングは60歳から70歳までの10年の選択肢があり、早く受け取ると額が少なくなり、遅く受け取ると額が多くなります。どれも、ご自身に合った受け取り方法を考えてみてください。

老後資金を考える

3.年金額に影響する制度もしっかりと考えておきたい!

他にも考えておきたいのが、「加給年金」「振替加算」などの細かい制度もあり、個人の家族構成などによって年金額が加算されることもあります。

お仕事をされていた方は「厚生年金」「共済年金」も受給できます。お仕事をしながら年金を受け取ることも可能です。これを「在職老齢年金」と言います。

今回は詳しく書きませんが、このような制度をしっかり自分に当てはめて考えることで、どのように年金を受け取るかを具体的に考えていくことが大切です。

自分が将来いくら受け取ることができるかを簡単にシミュレーションできるサイトも国が無料で提供しています。知りたい方はこちらから▼

日本年金機構のねんきんネット

4.確定拠出年金を受け取る時期も視野に入れて考えよう!

先程は公的な年金の制度を書きましたが、確定拠出年金は自分の年金制度であり受け取りをコントロールすることがができます。

確定拠出年金も現在は拠出が60歳までで、受け取りは70歳まで延長することができます。また確定拠出年金のいいところは寝かしている間も運用をすることができ、このことを「運用指図者」といいます。

運用できるということは資産を増やすことも可能ということです。

ただ受け取ってしまい貯金しておくよりかは、使う予定がないのなら「投資信託で運用」という選択肢も取っておきたいものです。

確定拠出年金制度の投資信託自体が、通常の投資信託に比べてて手数料や運用益のメリットがあるので、自分の証券口座に移して運用するよりかは、そのまま確定拠出年金口座での運用をすることがメリットになります。

このように制度をきちんと理解することで老後資金を効率的に受け取るという、考え方にシフトしてきましょう。

※2020年10月時点の情報で書いています。

確定拠出年金を知りたい方にオススメの記事はこちら

離職率を下げるために会社ができることとして、企業型の制度をおススメしています。

ご依頼・お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

ブログBlog

お金が増える思考をインプットしていく投資教育

お金が増える思考をインプットしていく投資教育

確定拠出年金の運用利回り(運用利回り=皆さんが運用している資金の利益部分) の分布を見たことがありますでしょうか?どの年も5%越えの高い利回りを達成している人がいる一方、一番多くを占めているのは0~2%くらいの方です。( […]

持続可能な経営に必要な企業型確定拠出年金

目次1 複利厚生を重視する若手の意識2 複利厚生を会社が実施する本質とは?3 複利厚生の3つのキーワードと確定拠出年金4 会社としての新陳代謝を意識する 複利厚生を重視する若手の意識 新入社員の方の社会生活調査において、 […]

すべてみる