お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜18:00(平日)

メールでのご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

11月30日は年金の日

11月30日は年金の日

今日は、11月30日(いいみらい)という語呂合わせて「年金の日」となっているのをご存じでしょうか。平成26年から始まった年金の日は厚生労働省で呼びかけられており、

・「ねんきんネット」等を利用して年金記録や年金受給見込額を確認する

・高齢期に備え、その生活設計に思いを巡らしていただくこと

を目的としています。

年金は国の公的保障

今までのブログにも書いてきましたが、年金というのは国が保障してくれる「保険」の1階建て部分の老後にもらえるお金です。

年金はあてにならない。という声をよく聞きますが、ではどのくらいもらえるかということを実際に自分で見てみることができるのが「ねんきん定期便」です。

年金をあてにしてもいいのか?

では、年金という国の保障は本当にあてにならないのでしょうか。結果は1人1人異なってくるはずです。

先程お伝えした「ねんきん定期便」は誕生月に毎年届きます。節目の年齢といって35歳、45歳、59歳には大きな封書で届くことになっています。

記載内容はそれぞれ以下の表の内容になっています。

記載内容通常版
(はがき)     
節目の年
(封筒)
年金の加入期間
年金の見込額
保険料の納付額
最近の月別状況
年金の加入履歴
厚生年金のすべての期間の月毎の標準報酬月額・賞与額、保険料納付額
国民年金のすべての期間の月毎の保険料納付状況
支給される年金の見込み額○(59歳のみ)

誕生月に毎年届いていることすら気づいていない方も多いかもしれませんが、節目の年齢の誕生日以外ならハガキでの送付となっています。こちらのハガキを参考にすれば年金受給額の目安を求めることができます。

分からないという方には「ねんきんネット」といって

ねんきんネット|日本年金機構 (nenkin.go.jp)

送られてきた内容から、自分の情報でログインすると、年金額の予測を見られるようになっています。登録が必要ですが、とても便利なので是非登録して見てください。このサイトは納めた実績などで変わる厚生年金の額も一緒に出してくれるので、老後の資金計画を立てやすくなります。

年金は時代に併せて支給額が減っていくとは言われていますが、全くもらえないということもなく、その時代に併せて若干の金額の変化があるということは覚えておいてください。

確定拠出年金は3階建ての3階部分

国民年金が1階建ての1階部分、2階建てについては厚生年金。そして3階建て部分の任意で用意する年金制度の代表が「確定拠出年金」です。

先程お伝えした「ねんきんネット」での年金額を配偶者がいる場合は配偶者の分も計算し、そのうえで足りない額を求めます。計算方法は平均余命を使うことが一般的ですが、人生100年時代なので、できれば65歳の年金受給開始から35年で求めるのがいいでしょう。

細かい数字だと頭に残らないので、毎月ざっくりと6万なら6万×12か月×35年という感じで計算しましょう。細かいところは実際にその時になってみないと分かりません。

このようにして、求めた額が「老後までに貯めておかなければならない額」となるわけです。そんなに難しくはないので是非ざっくりとでもいいので年金の日を機会にして計算してみてください。

もう少し詳しく老後資産について学びたい方にオススメの記事

初心者向け”資産形成3つの鉄則” |

名古屋銀行で資産形成セミナーの講師をしました。関連記事はこちらから

弊社代表が名古屋銀行様で資産運用について講演しました

名古屋銀行でのセミナー風景

弊社では資産運用のサポートをお手伝いしたいと考え、投資教育にも力を入れています。一部無料で動画を公開しておりますのでぜひご覧ください。

FDCJチャンネルはこちら

また企業型確定拠出年金を導入されている企業の従業員様向けの投資教育もサポートさせていただきます。ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

ブログBlog

すべてみる