お電話でのご相談・お問い合わせ

全国対応可

受付時間 9:00〜18:00(平日)

メールでのご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

制度拡充、2024年からNISAが大きく変わる

制度が拡充、2024年からNISAが大きく変わる

2024年からのNISA制度(少額投資非課税制度)が大きく変わることが12月16日に決定しました。使いやすい制度になったと言う声が多く聞こえ、貯蓄から投資への流れが進むような制度改正となりました。今回はNISA制度の振り返りから、改正後の内容について見ていきたいと思います。

NISA制度とは?

現在の一般NISAは2014年から、その後2016年にジュニアNISA(2023年で制度廃止が決定)、2018年にはつみたてNISAがスタートしました。

株式や投資信託の運用などで得た利益や配当金に対し、通常は約20%の税金がかかります。
一方、NISA(非課税)口座の中で購入した金融商品(株や投資信託)から得た利益は税金がかからず、そのまま丸ごと受け取ることができる制度です。

NISA制度の新旧比較

では、これまでのNISA(つみたてNISA,一般NISA)と2024年以降の新NISA制度を見ていきましょう。

制度が恒久化、非課税期間が無期限になったことや1年間の投資上限額が2倍以上になったこと、生涯の非課税枠が大幅に増枠となったことなど、さまざまな点でメリットを感じる改正内容でした。

以下の図は、現行NISAと新NISAを比較したものです。

これまで、つみたてNISAと一般NISAの併用はできませんでしたが、2024年からは一本化され、併用ができることになります。1年間の投資上限額はありますが、生涯投資枠の1800万円をすべて積立で使うのも良いですし、まとまった資金で上場株式や投資信託のスポット購入をすることも可能です。

ただし、2023年までにつみたてNISAや一般NISAで購入した投資信託や株式の非課税期間が終了する時、2024年以降の新NISAにロールオーバーすることはできません。その場合は、その時点で資産を売却するか、特定・一般口座で継続保有することになります。

利用できる年齢など細かい制度内容は未定の部分もあるため、最新の情報は金融庁のホームページで確認しましょう。(新しいNISA制度の説明は2022.12.19現在準備中となっています)

まとめ

2024年から大幅に制度が拡充するNISAですが、一人ひとりのライフプランにあわせて幅広い使い方ができるようになりそうですね。毎年の上限いっぱいに投資をする必要はなく、ライフプランに合わせて無理のない範囲で運用をしていきましょう。

投資にはリスクがあるため、元本は必ず変動します。リスクを小さくする基本は「長期・積立・分散」です。無理なく、コツコツ積立を継続することを一つの柱としましょう。

また、非課税期間が無期限になったことで一部確定拠出年金と同様のメリットを備えることになります。確定拠出年金は、拠出した金額に対し所得控除を受けることができます。確定拠出年金は勤続年数や加入年数、拠出金額によって受取時に課税される場合もあり、制度それぞれの特徴を理解して目的ごとに制度を使い分けるのも良いでしょう。

将来をどのように過ごしたいかを考え、ゴールに向けたマネープランを立てることをおすすめします。

▼企業型確定拠出年金に関するお問い合わせはこちらから

▼合わせて読みたい

Financial DC Japanでは、確定拠出年金の仕組みや運用の知識、年金や社会保険、税金など幅広い情報を短い動画に分かりやすくまとめています。

▼▼FDCJチャンネルはこちら

Financial DC Japan – YouTube
チャンネル登録いただくと最新の動画を視聴することができます。

************************************
企業型確定拠出年金の導入・継続投資教育は当社にお任せください。
企業型確定拠出年金専門の企業として、100社以上の企業様に企業型確定拠出年金の
相談から導入まで一貫してご対応をしております。東京、大阪、名古屋、他全国での
ご対応が可能でございます。
************************************

株式会社Financial DC Japan 代表取締役社長岩崎陽介の書籍、『頭のいい会社はなぜ、企業型確定拠出年金をはじめているのか』(青春出版社)絶賛発売中!

  • 発売後たった2週間で重版決定!
  • ★丸善丸の内本店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月7日~4月13日調べ)
  • ★ブックファースト新宿店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月10日~4月16日調べ)
  • ★星野書店近鉄パッセ店・週間ランキング 1位(2022年4月10日~4月16日調べ)
  • ★紀伊國屋書店梅田本店のビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月11日~4月17日調べ)
  • ★三省堂書店名古屋本店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月17日~4月23日調べ)
  • 『ダイヤモンド・オンライン』掲載!
    (記事はコチラ → 元野村證券トップ営業マンが教える、社員が得する「最強の企業年金制度」とは

Amazonから注文ができます! → ご注文フォーム

ご依頼・お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

全国対応可能※ 地域によってはオンライン対応となります。

ブログBlog

健康経営の取組のご紹介(2023年度)

現在、当社では従業員の健康維持・向上に力を入れており、「健康経営優良法人2023」に認定をされております。 本日は当社が本年度実施する健康経営の取り組みについてご紹介させていただきます。 【2023年従業員アンケートによ […]

健康経営の取組のご紹介(2022年度)

現在、当社では従業員の健康維持・向上に力を入れており、「健康経営優良法人2023」に認定をされております。 本日は当社が昨年実施した健康経営の取り組みについてご紹介させていただきます。 【2022年従業員アンケートによる […]

すべてみる