お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜18:00(平日)

メールでのご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

リスク許容度って何だろう?

資産運用をスタートし、具体的にポートフォリオ(金融商品の組み合わせ)を決めるとき「リスク許容度」を考慮することが大切です。今回は、そもそもリスク許容度って何?リスク許容度をどのように測るの?と言う疑問について考えていきます。

リスク許容度とは

資産運用の商品は、さまざまな要因で価格が変動するため、自分で投資をした元のお金が日々増えたり減ったりしています。「これくらいお金が減ると怖い、もっと下がったらどうしよう・・。」や「こんなに急激に価格が上がっているけど大丈夫なのかな?」など、自分が不安を感じる目安があると思います。

リスク許容度とは、「自分が心理面・経済面ともに受け入れることができる損失はどれくらいか?」のことを言います。

リスクとは、リターンの振れ幅のことをいいます。期待する利益のリターンはプラスにもマイナスにも振り子のように動くイメージです。以下の図でみるように価格の振れ幅が大きいほど、リスクが大きくなります。

参考:日本証券業協会

リスクの小さい商品は損失の幅は小さい一方、得られる利益も小さくなります。リスクの大きい商品は逆のことです。どれくらいの振れ幅まで許容できるかによって、選ぶ商品が変わってくると言うことです。

(参考)100万円投資した場合の変動幅イメージ
1.96万円~111万円
2.93万円~118万円(バランス
3.89万円~126万円(大きな成長に期待)
※1(リスク小)→3(リスク大)

リスク許容度を考えるうえでのポイント

次に、リスク許容度を考えるうえでのポイントをみていきましょう。
以下の項目を組み合わせて自分のリスク許容度を図っていきます。

年齢

一般的に大きなライフイベント(住宅購入や教育資金、老後資金)まで時間のある若い人の方が長期投資ができることから、投資経験にもよりますが積極的な運用を取り入れることができそうです。

家族構成

独身世帯、夫婦のみ世帯、夫婦と子供世帯によっても異なります。夫婦の場合共に働いているかもポイントの一つです。

投資経験

投資経験のない人は、自分の資産が変動することを初めて経験します。自分のリスク許容を図るためにもリスクは低く始めることをおすすめします。
投資をはじめることで経済情勢や株価、為替相場などに興味を持ち、投資商品の価額に影響をあたえる要因を理解すると、投資判断がスムーズになると言った効果もあります。

運用可能期間

運用できる期間によっても、許容できるリスクが変わります。
短期(3年未満)中期(3年~10年)長期(10年超)と考えるのが一般的です。
基本的に、長期で運用期間を確保できる資金はリスクを高めに取ることができるでしょう。

金融資産残高

保有している金融資産が多いほど、リスク許容度を大きく取ることができます。仮に損失が出たとしても、その他に資産を備えていれば生活への影響も少なく、気持ちの余裕を持つことができるでしょう。

さいごに

ここまで見てきたように、リスク許容度はライフステージや資産状況、投資経験や自分自身の性格などにより人それぞれ異なり、答えがありません。自分にとって必要以上のリスクを取ると、大きく変動した時(特に下落時)に誤った投資行動をとってしまう可能性もあります。

また、万が一に備えるための「生活を守る資金」を、生活費の半年分から1年分確保してあると、より安心して運用を続けることができます。

資産運用の基本は長期・積立・分散と言われるように、長く続けてこそ運用効果が期待できるため、ゆったりした気持ちで、長期保有できるよう自分自身のリスク許容度を確認したうえで商品選びをしていくと良いでしょう。

▼企業型確定拠出年金に関するお問い合わせはこちらから

▼合わせて読みたい

Financial DC Japanでは、確定拠出年金の仕組みや運用の知識、年金や社会保険、税金など幅広い情報を短い動画に分かりやすくまとめています。

▼▼FDCJチャンネルはこちら
Financial DC Japan – YouTube
チャンネル登録いただくと最新の動画を視聴することができます。

************************************
企業型確定拠出年金の導入・継続投資教育は当社にお任せください。
企業型確定拠出年金専門の企業として、100社以上の企業様に企業型確定拠出年金の
相談から導入まで一貫してご対応をしております。東京、大阪、名古屋、他全国での
ご対応が可能でございます。
************************************

株式会社Financial DC Japan 代表取締役社長岩崎陽介の書籍、『頭のいい会社はなぜ、企業型確定拠出年金をはじめているのか』(青春出版社)絶賛発売中!

  • 発売後たった2週間で重版決定!
  • ★丸善丸の内本店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月7日~4月13日調べ)
  • ★ブックファースト新宿店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月10日~4月16日調べ)
  • ★星野書店近鉄パッセ店・週間ランキング 1位(2022年4月10日~4月16日調べ)
  • ★紀伊國屋書店梅田本店のビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月11日~4月17日調べ)
  • ★三省堂書店名古屋本店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月17日~4月23日調べ)
  • 『ダイヤモンド・オンライン』掲載!
    (記事はコチラ → 元野村證券トップ営業マンが教える、社員が得する「最強の企業年金制度」とは

Amazonから注文ができます! → ご注文フォーム

ご依頼・お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

ブログBlog

企業型DCに加入後、会社を退職したらどうなる?

企業型DCに加入後、会社を退職したらどうなる?

結婚や育児、介護などさまざまなライフプランの変化により会社を退職する可能性は誰にでもあることです。今回は、もし企業型DCに加入した後、会社を退職した場合の年金資産のゆくえについて見ていきたいと思います。 目次1 退職後、 […]

株式と債券の比率を考える

株式と債券の比率を考える

最近、インフレ対策として資産運用が注目されています。 いざ資産運用をスタートし確定拠出年金で積立をしてみたものの、資産をどのぐらいの比率で保有して良いのか、困ってしまったことはないでしょうか? 今回は、この比率について確 […]

すべてみる