お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜18:00(平日)

メールでのご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

金融機関が破綻したら、確定拠出年金の資産はどうなるの?

金融機関が破綻したら、確定拠出年金の資産はどうなるの?

確定拠出年金は、複数の機関が運営に関わっていることをご存じですか?「もし、金融機関が破綻してしまった場合、自分の資産はどうなるのかな?」と考えたことはありませんか?
今回は、もし確定拠出年金に関わる機関が破綻した場合の取り扱いについて解説していきます。

どのような関係機関がある?

さっそくですが、企業型確定拠出年金を運営するにあたってどのような機関が携わっているかを見ていきましょう。

運営管理機関(制度の中心機関)

銀行や証券会社、損保会社などが担い、主に加入時の申込書やパンフレットの作成、コールセンターの運営や投資教育などの情報提供やサポートなど制度全体を取りまとめる機関のことで、大きく2つの役割に分かれます。

①運用関連運営管理機関
運用の商品選定や提示の業務を行う。

②記録関連運営管理機関(レコードキーピング)
加入者に関する資産情報の記録や通知、保存等の業務を行う。

資産管理機関

年金資産を管理する機関。加入者の資産を管理したり、運営管理機関からの指示に基づいて運用商品の売買や、年金資産の給付を行う機関。主に信託銀行が担う。(分別管理)

商品提供機関

確定拠出年金に加入した私たちが実際に運用商品を選択をするときの、商品(預金・保険・投資信託)を提供する機関のこと。

私たちの資産への影響は?

関係機関が破綻した場合、年金資産は分別管理をされているため、私たちの資産への影響はありません。ですが、選択した運用商品によってのリスクは生じます。詳しく見ていきましょう。

(1)運営管理機関が破綻した場合
資産管理機関で管理・保管しているため、万が一運営管理機関が破綻したとしても年金資産は守られる。運営管理機関については新しい機関へ変更することになります。

(2)資産管理機関が破綻した場合
資産管理機関(信託銀行)の財産と年金資産は分別して保管・管理をしている。信託銀行が経営の悪化によって万が一破綻した場合でも、’’信託銀行の経営資本’’と“加入者の年金資産’’は分別管理されているため、影響はありません。

(3)商品提供機関が破綻した場合

●預金預金保険制度(ペイオフ)により、提供する金融機関が破綻した場合、1人1金融機関について元本1,000万円とその利息が保護される。(同じ金融機関で確定拠出年金の他に預貯金がある場合、合計額が対象となる)

●損害保険
損害保険契約者保護機構により、保険金・満期返戻金・解約返戻金の90%が補償されます。

●生命保険
生命保険契約者保護機構により、責任準備金等の90%までが補償されます。

●投資信託
投資信託の資産は信託銀行の経営資本と分別管理されているため販売会社・運用会社が破綻しても年金資産は守られる。
投資信託の受託会社(信託銀行)が破綻した場合は資産管理機関が破綻した場合と同様に年金資産は保護される。
ただし、投資信託は運用実績は上下に変動するため評価損の場合もある。

確定拠出年金は長期間にわたり拠出や運用をするため、加入期間中にどこかの機関が破綻してしまうリスクはゼロではありません。しかし、いずれの機関が破綻した場合でも加入者の年金資産が守られるような仕組みが用意されています。

確定拠出年金の仕組みや制度の背景は少々分かりにくいですが、私たちの大事な年金資産を準備する手段として、非常に優秀な制度です。

Financial DC Japanは、確定拠出年金の導入を支援する会社で、投資教育・サポートまでトータルで、サービスを提供しています。導⼊の相談や質問などいつでもご相談ください。

▼企業型確定拠出年金に関するお問い合わせはこちらから

▼合わせて読みたい

Financial DC Japanでは、確定拠出年金の仕組みや運用の知識、年金や社会保険、税金など幅広い情報を短い動画に分かりやすくまとめています。

▼▼FDCJチャンネルはこちら
Financial DC Japan – YouTube

チャンネル登録いただくと最新の動画を視聴することができます。

************************************
企業型確定拠出年金の導入・継続投資教育は当社にお任せください。
企業型確定拠出年金専門の企業として、100社以上の企業様に企業型確定拠出年金の
相談から導入まで一貫してご対応をしております。東京、大阪、名古屋、他全国での
ご対応が可能でございます。
************************************

株式会社Financial DC Japan 代表取締役社長岩崎陽介の書籍、『頭のいい会社はなぜ、企業型確定拠出年金をはじめているのか』(青春出版社)絶賛発売中!

  • 発売後たった2週間で重版決定!
  • ★丸善丸の内本店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月7日~4月13日調べ)
  • ★ブックファースト新宿店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月10日~4月16日調べ)
  • ★星野書店近鉄パッセ店・週間ランキング 1位(2022年4月10日~4月16日調べ)
  • ★紀伊國屋書店梅田本店のビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月11日~4月17日調べ)
  • ★三省堂書店名古屋本店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月17日~4月23日調べ)
  • 『ダイヤモンド・オンライン』掲載!
    (記事はコチラ → 元野村證券トップ営業マンが教える、社員が得する「最強の企業年金制度」とは

Amazonから注文ができます! → ご注文フォーム

ご依頼・お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

ブログBlog

企業型DCに加入後、会社を退職したらどうなる?

企業型DCに加入後、会社を退職したらどうなる?

結婚や育児、介護などさまざまなライフプランの変化により会社を退職する可能性は誰にでもあることです。今回は、もし企業型DCに加入した後、会社を退職した場合の年金資産のゆくえについて見ていきたいと思います。 目次1 退職後、 […]

株式と債券の比率を考える

株式と債券の比率を考える

最近、インフレ対策として資産運用が注目されています。 いざ資産運用をスタートし確定拠出年金で積立をしてみたものの、資産をどのぐらいの比率で保有して良いのか、困ってしまったことはないでしょうか? 今回は、この比率について確 […]

すべてみる