お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜18:00(平日)

メールでのご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

インフレでお金の価値はどうなるのか

インフレでお金の価値はどうなるのか

昨今、『インフレ』という言葉をニュースなどで聞く機会が多くなってきました。

インフレとは何か、自国でインフレが起きた場合のメリット・デメリットは何か、またインフレの対策はあるのか、確認していきたいと思います。

インフレとは・・・インフレーションの略のことです。

物やサービス(物価)の値段が上昇することで、言い方を変えると、お金の価値(購買力)が下がることです。

自国でインフレが起きた場合、どのようになるのでしょうか。

メリットとしては『自国の通貨の価値が下がる』ため、外国の企業は自国の製品を安い値段で取引できるので、輸出が増える傾向にあります。

輸出が増えることにより、自国の企業の業績が良くなります。結果、好景気につながっていきます。

デメリットとしては『外国の通貨の価値は上がっている』ため、外国から製品を購入する際に高い値段で取引をしなくてはなりません。結果、輸入品は物価上昇になり、消費者の生活に大きく影響します。

日本の現在の状況はどうでしょうか。

日本は、多くの製品を輸入に頼っているため国内の多くの製品が物価上昇しています。

総務省統計局が発表した令和4年4月の消費者物価指数をご覧下さい。この表を見ると、令和4年1月から物価の価格が徐々に上昇してきているのがわかります。

総務省統計局 2020年基準 消費者物価指数 全国 2022年(令和4年)4月分 より

※消費者物価指数とは・・・日常生活で私たちが購入する商品の購入する価格の変動を総合して見ようとするものです。

ここで注目していただきたいのが、物価上昇はしているが、賃金の上昇はしているのかとういう点です。

厚生労働省が発表した令和3年賃金構造基本統計調査です。

この表を見てみると、賃金は横ばいになっておりあまり上昇していないのがわかります。

厚生労働省 令和3年賃金構造基本統計調査より

現在の日本は、製品の物価上昇が起きているのにもかかわらず、賃金は物価上昇よりも上がっていないため家計を圧迫するというあまり良くない状況になっています。

このような状況下で、インフレ対策になるものはあるのか、確認して行きたいと思います。

インフレ対策

繰り返しになりますが、インフレとは『お金の価値が下がること』なので現金を持っていても、価値が下がってしまいインフレ対策にはなりません。

では、現金に代わるものとはなんでしょう。

それは、株式などの有価証券や、不動産や金などの現物資産、外貨建て資産が代表的なものです。

株式は、企業の売上や利益が反映してくるため、価格の値上がりが期待できます。

不動産や金は現物資産のため、インフレの影響を受けにくいとされています。

外貨建て資産は、インフレにより外国の通貨の価値は上がるため保有しておくとインフレ対策になります。

このように、インフレ対策にはさまざまなものを保有する必要があります。しかし、全部保有することはお金の面や保管場所などに難しい部分があります。

そこで、今注目されているのが確定拠出年金です。確定拠出年金には、インフレ対策が出来る商品が多数あります。

まだまだ、海外からのインフレの影響で国内の物価の値上げが続くとニュースでも連日聞きます。そのような中で、インフレ対策が出来る確定拠出年金を活用して大切な資産を守る方法を考えてみてはいかがでしょうか。

▼企業型確定拠出年金に関するお問い合わせはこちらからお問い合わせ

▼合わせて読みたい

Financial DC Japanでは、確定拠出年金の仕組みや運用の知識、年金や社会保険、税金など幅広い情報を短い動画に分かりやすくまとめています。

▼▼FDCJチャンネルはこちら
Financial DC Japan – YouTube

チャンネル登録いただくと最新の動画を視聴することができます。

************************************
企業型確定拠出年金の導入・継続投資教育は当社にお任せください。
企業型確定拠出年金専門の企業として、100社以上の企業様に企業型確定拠出年金の
相談から導入まで一貫してご対応をしております。東京、大阪、名古屋、他全国での
ご対応が可能でございます。
************************************

株式会社Financial DC Japan 代表取締役社長岩崎陽介の書籍、『頭のいい会社はなぜ、企業型確定拠出年金をはじめているのか』(青春出版社)絶賛発売中!

  • 発売後たった2週間で重版決定!
  • ★丸善丸の内本店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月7日~4月13日調べ)
  • ★ブックファースト新宿店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月10日~4月16日調べ)
  • ★星野書店近鉄パッセ店・週間ランキング 1位(2022年4月10日~4月16日調べ)
  • ★紀伊國屋書店梅田本店のビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月11日~4月17日調べ)
  • ★三省堂書店名古屋本店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月17日~4月23日調べ)
  • 『ダイヤモンド・オンライン』掲載!
    (記事はコチラ → 元野村證券トップ営業マンが教える、社員が得する「最強の企業年金制度」とは

Amazonから注文ができます! → ご注文フォーム

ご依頼・お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

ブログBlog

企業型DCに加入後、会社を退職したらどうなる?

企業型DCに加入後、会社を退職したらどうなる?

結婚や育児、介護などさまざまなライフプランの変化により会社を退職する可能性は誰にでもあることです。今回は、もし企業型DCに加入した後、会社を退職した場合の年金資産のゆくえについて見ていきたいと思います。 目次1 退職後、 […]

株式と債券の比率を考える

株式と債券の比率を考える

最近、インフレ対策として資産運用が注目されています。 いざ資産運用をスタートし確定拠出年金で積立をしてみたものの、資産をどのぐらいの比率で保有して良いのか、困ってしまったことはないでしょうか? 今回は、この比率について確 […]

すべてみる