お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜18:00(平日)

メールでのご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

社会人も必見、高校の金融教育の重要なポイント

社会人も必見、高校の金融教育の重要なポイント

成人年齢の引き下げや人生100年時代などを背景に2022年度から高校での金融教育が「義務化」となりました。どのようなことを教育するか、ご存じですか?
社会を経験した大人でも、学びたい、これからでも実践できるような内容で構成され、教育内容をみた社会人から「社会に出てからお金で苦労をした」「お金に関することを学生の間に学びたかった」などの声が挙がったそうです。
今回は、義務化となった高校の金融教育について、ポイントを見ていきたいと思います。

高校生が学ぶ、金融教育とは

金融庁が発表した金融教育の教材を見ると「一人暮らしをしてみたい」「やってみたい仕事がある」「お金を上手に貯めたい」「クレジットカードを持ちたい」「確実に儲かる方法がある?」このような問いかけからはじまります。

まず、経済的に自立して、より良い暮らしを送ることができるように「金融リテラシーを高めること」が大きな前提となっています。

「金融リテラシーの向上」
金融リテラシーとは、金融する健全な意思決定ができること、さらには個人が良い暮らしを送るために必要な金融に関する「意識」「知識」「技術」を身に付け行動すること、と言われています。

次に、金融教育の「目的」として以下の3つが掲げられています。

1,自分の将来の暮らしかたについて考える(ライフプランニング)

2,そのために必要なお金(家計管理)と準備の方法(資産運用)を学ぶ

3,金融のトラブルにあわないよう、手口や対処法を知る

ガイドブックでは、家計管理や生活設計、預貯金では口座開設の方法や振り込め詐欺について、資産運用の考え方や必要性について、生命保険や損害保険、クレジットやローン、キャッシュレス決済、仮想通貨などにも触れ、万が一トラブルに巻き込まれた場合に相談する機関も案内されています。

大きく「家計管理」「ライフプランニング」「資産形成」の3本柱で構成されていて、これを学ぶと、‘‘さまざまな場面で自分で判断と行動ができる‘‘ように、とても丁寧なつくりになっていると感じました。

たとえば、クレジットカード。ネットショッピングなどが主流になった今、決済方法のひとつとしてクレジットカードを当たり前のように使っています。
ですが初めて申し込みをしたときは「使いすぎるかもしれない、不正に利用されたらどうしよう?本当に申し込みしても大丈夫かな?そもそも私は申し込みできるの?」など、不安を覚えたことを思い出します。
金融教育で正しい知識を備えておけば、不安を取り除いて行動ができる。これはクレジットカードに限りません。よく分からない・・と思われがちな資産形成なども同様のことが言えるでしょう。

さまざまな金融サービスを学ぶことができる金融教育ですが、すべての人が共通して身に付けておくべき重要なことがあります。見ていきましょう。

もっとも重要なポイントは〇〇

家計管理、ライフプランニング、資産形成の3つうち、何がいちばん大事だと思いますか?

いちばん重要なポイントは、「家計管理」です。
収入と支出のバランスを整えることができなければ、ライフプランニングも資産形成もできません。まずは、収入と支出を見える化しましょう。

「収入-貯蓄=支出」

収入から支出をひき、残ったものを貯蓄とするとなかなか残らないので、先取り貯蓄ができるような仕組みを作ることがポイントです。

支出についてはひとりひとり、大事にしたいモノやコトがあり、どこにどれくらいのお金をかけたいかはさまざまです。優先的に大切にしたいことは何ですか?今か将来か。今は支出をおさえる頑張りどきなのか、大事なことに対してお金を使うときなのか。時間軸で考えることもポイントです。
家計管理ができるようになり、収入と支出のバランスがととのうと、次は貯蓄について考えることができます。

貯蓄を検討するときは、税金面でもメリットの高い国の制度を利用することをオススメします。例えば、NISA(少額投資非課税制度)やiDeCo(個人型確定拠出年金)などです。

また、勤務先の企業が従業員のための年金制度として企業型DC(企業型確定拠出年金)を取り入れている場合は、手数料面などさまざまな方面から見てもメリットが高いためマッチング拠出ができる場合は優先して利用すると良いでしょう。

今回は、注目の高い高校の金融教育について、社会人の視点からも見ていきました。ひとりひとりの金融リテラシーが高まり、より良い暮らしを送ることができるようにFinancial DC Japanも、その一助となれば幸いです。

▼企業型確定拠出年金に関するお問い合わせはこちらから

▼合わせて読みたい

Financial DC Japanでは、確定拠出年金の仕組みや運用の知識、年金や社会保険、税金など幅広い情報を短い動画に分かりやすくまとめています。

▼▼FDCJチャンネルはこちら
Financial DC Japan – YouTube
チャンネル登録いただくと最新の動画を視聴することができます。

※今回の参考【金融庁】金融教育に関する講座の内容はこちらです。
中学生・高校生のみなさんへ : 金融庁 (fsa.go.jp)

※基礎から学べる金融ガイド
kou3.pdf (fsa.go.jp)

************************************
企業型確定拠出年金の導入・継続投資教育は当社にお任せください。
企業型確定拠出年金専門の企業として、100社以上の企業様に企業型確定拠出年金の
相談から導入まで一貫してご対応をしております。東京、大阪、名古屋、他全国での
ご対応が可能でございます。
************************************

株式会社Financial DC Japan 代表取締役社長岩崎陽介の書籍、『頭のいい会社はなぜ、企業型確定拠出年金をはじめているのか』(青春出版社)絶賛発売中!

  • 発売後たった2週間で重版決定!
  • ★丸善丸の内本店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月7日~4月13日調べ)
  • ★ブックファースト新宿店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月10日~4月16日調べ)
  • ★星野書店近鉄パッセ店・週間ランキング 1位(2022年4月10日~4月16日調べ)
  • ★紀伊國屋書店梅田本店のビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月11日~4月17日調べ)
  • ★三省堂書店名古屋本店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月17日~4月23日調べ)
  • 『ダイヤモンド・オンライン』掲載!
    (記事はコチラ → 元野村證券トップ営業マンが教える、社員が得する「最強の企業年金制度」とは

Amazonから注文ができます! → ご注文フォーム

ご依頼・お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

ブログBlog

インフレでお金の価値はどうなるのか

インフレでお金の価値はどうなるのか

昨今、『インフレ』という言葉をニュースなどで聞く機会が多くなってきました。 インフレとは何か、自国でインフレが起きた場合のメリット・デメリットは何か、またインフレの対策はあるのか、確認していきたいと思います。 目次1 イ […]

SBI提携パートナースタンダード研修ご感想集

■2022年6月23日SBI提携パートナースタンダード研修にご参加いただいた方のご感想集です。 大変分かりやすい研修をありがとうございました。 総評すると、企業との関わりの導入としてとても有効だと思った。 ・信頼を得れる […]

円安が海外資産に与える影響とは?

円安が海外資産に与える影響とは?

20年ぶりの記録的な円安が進んでいます。今回は円高と円安について、海外資産への影響はどのようになるか?を見ていきたいと思います。 円高、円安とは? 円高・円安とは 円と他の通貨に対する、相対的な価値のこと 他の通貨・・米 […]

すべてみる