お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜18:00(平日)

メールでのご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

SBI提携パートナースタンダード研修ご感想集

■1月27日SBI提携パートナースタンダード研修にご参加いただいた方のご感想集です。

契約取った後の手続きがやはり面倒だなと感じました。
株式会社ALEX Consulting/児玉洋貴 様

SBIとforcheの違い等自分の想像以上でしたので、参加して良かったです。 今後は士業や金融機関等協力先を増やしていければと思っておりますので、宜しくご指導お願いします。
保険募集人/H.O様

すぐにDCをご案内できる企業・個人事業主等にアポイントを取ります。 また、弊社の他の社員が担当する企業・個人事業主等でアポイント頂けるところをピックアップします。 更に税理士等からの紹介が得られるよう動きます。
泰江弘樹 様

本日は、ありがとうございました。 流石、岩崎さんというのが、今日の印象ですね。 弊社と貴社の役割分担が理解でき、良かったです。 今年は、DCの導入の目標設定をたて、弊社内での浸透も図りたいと考えています。 この点について、また、ご相談させてください。 私のマーケットは沢山ありますので、 保険の仕事の中で、どれくらいの時間を作るかが課題です。 DCの良さは、十分に理解できています。 不慣れな点が多々ありますので、お手数をお掛けすると思います。 今後とも、宜しくお願いします。
INE合同会社 代表/前川和則 様

今回の研修に参加し、企業型確定拠出年金のメリットを多く学ぶができました。 まず、役員報酬100万円、企業型DC掛金5.5万円の方の例では、税金、社会保険が24万円も削減でき、利回りが30%もあることに驚きでした。 金融商品の中でもかなり利回りが高く、具体的な数字を出してお客様に提案することができれば、説得力も増すので参考にしていきたいです。 また従業員が1人の企業でも導入費やランニングコストを差し引いてもメリットがあり、すべての企業に提案できるという点でとても良いと思いました。 ただし会社コストの削減の観点から提案をする場合は注意します。 企業型DCは資産形成のイメージでしたが、福利厚生の観点からお客様に提案できると経営者に刺さる幅が広がり成約に結びつく数も多くなると思ったのでとても参考になりました。 コスト面に関してもパートナー側が導入コンサルティング料や説明会費用、事務取次手数料・投資教育サービスを設定することができ、パートナー目線にも立っての契約内容であると印象をうけました。 加入したら途中で解約できないことや、社会保険が下がることによるデメリットを考えても、メリットが大きくこれから提案していきたい商品内容でした。 申込みまでのスケジュール管理や必要書類の作成、注意事項について等実際の契約までの流れについてもとても勉強になりました。 スケジュールについては想像よりも開始までの期間が長く、手続きが多いという印象を受けましたが、その期間中に説明会を設けておりサポートが充実していると思いました。
保険募集人/S.O様

大変勉強になる研修をありがとうございました。 私は全く異業種からの参加でしたが、「確定拠出年金で日本を金融先進国に」というミッションにとても共感しました。 特に最近、身の回りで住宅ローンや毎月の保険料が原因で将来のお金を心配をしたり、夫婦間で争いになるケースを耳にすることが多くあります。 私自身、日本全体の金融リテラシーが高まればそんな争いも減り、高い幸福度で暮らせていけると考えていまして、その金融リテラシー向上の入り口としても確定拠出年金は素晴らしい制度だと思っています。 今後の予定としては、現職(ネットショップのwebマーケティング)の兼ね合いがありますので、2022年春頃を目安に、導入パートナーとして本格的に活動開始したいと考えております。 また、今回の企業型DC導入ビジネスに加え、投資教育の側面に強くフォーカスしたビジネスが出来ないかも模索しております。 研修内容はとても分かりやすかったです。 これから貴社との提携・契約の部分の書面を読ませて頂きますので、この部分で疑問点が生まれた際は改めて相談させて下さい。 今後ともよろしくお願いいたします。
廣川直人 様

企業型確定拠出年金の連携パートナー研修に参加させていただき誠にありがとうございます。 私はFPの勉強で企業型確定拠出年金について触れておりましたが、なかなか理解を深める機会がありませんでした。 しかし、今回の研修を受けて気づいたことや学んだことが2つございます。 まず1つ目は、企業型確定拠出年金に加入することによって、企業や従業員に拠出・給付・運用時などにメリットが豊富ということです。 企業側は、退職金の準備資金が抑えられたり、会社負担社会保険料の等級が下がることにより保険料を削減でき、さらには福利厚生が充実することで従業員にも好影響を与えられることがとても魅力的だと感じました。 ただ、企業のコスト削減の面からすると、社会保険料などは下がりますが企業型DCの導入コストや運用コストがかかるのであまり効果は現れないということが今回の研修で初めて気づくことができました。 また、従業員側では会社が全負担するので運用益が非課税になり負担がないことや、自分自身で加入するかしないか選択でき、idecoからDCから乗り換えられることも知り、加入することによってリスクが最小限で老後資金の投資を行えるのが長く利用できることに気づくことができました。 その反面、60歳になるまで年金が引き出せない・社会保険料の等級が下がると同時に、傷病手当・休業補償などの金額が下がること・資産運用の成績によって受け取る金額が変動するなどといったデメリットも知ることができました。 もし提携パートナーになった場合には、顧客様に企業型DCの魅力と注意点について納得のいくご提案ができればと思っております。 2つ目は、導入書類について注意しなければいけない点があることです。 例えば、厚生年金・確定給付企業年金・私立学校教職員共済を併用していると、満額に影響がでること・会社拠出の確認・助成金や補助金を活用している場合は企業型DCによって基本給を下げることにより、利用できなくならないか確認をする・顧問税理士や社労士の方には事前に先回りしてチャットワークなどで共有するなど意識して確認することを学べました。 また、見積書の導入や運営に係る費用について、顧客様に対して提示した事務手続き・法改正の情報提供・投資継続教育が含まれている値段の価値をご説明できるように理解を深めたいと思います。 ちなみに、導入コンサルティング料の原価は5~7万とお聞きし始めて知ることができました。 最後に研修を受けてみて、アメリカでは確定拠出年金が主流だと知り、これからは日本でも広まり顧客様がプラスになりお互いが幸せになれる環境を作れるように積極的に企業型DCの魅力を伝えられるように努めて参ります。
保険募集人/E.K様

⇒2021年に開催されたSBI提携パートナースタンダード研修のご感想集はこちら からご覧いただけます。

⇒今後のSBI提携パートナースタンダード研修開催予定は こちら からご確認ください!

************************************
企業型確定拠出年金の導入・継続投資教育は当社にお任せください。
企業型確定拠出年金専門の企業として、100社以上の企業様に企業型確定拠出年金の
相談から導入まで一貫してご対応をしております。東京、大阪、名古屋、他全国での
ご対応が可能でございます。
************************************

株式会社Financial DC Japan 代表取締役社長岩崎陽介の書籍、『頭のいい会社はなぜ、企業型確定拠出年金をはじめているのか』(青春出版社)絶賛発売中!

  • 発売後たった2週間で重版決定!
  • ★丸善丸の内本店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月7日~4月13日調べ)
  • ★ブックファースト新宿店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月10日~4月16日調べ)
  • ★星野書店近鉄パッセ店・週間ランキング 1位(2022年4月10日~4月16日調べ)
  • ★紀伊國屋書店梅田本店のビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月11日~4月17日調べ)
  • ★三省堂書店名古屋本店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月17日~4月23日調べ)
  • 『ダイヤモンド・オンライン』掲載!
    (記事はコチラ → 元野村證券トップ営業マンが教える、社員が得する「最強の企業年金制度」とは

Amazonから注文ができます! → ご注文フォーム

ご依頼・お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

ブログBlog

インフレ局面で無理せず資産を守る方法

インフレ局面で無理せず資産を守る方法

最近では「価格改定のお知らせ」など値上がりに関するお知らせを目にすることが増え、食料品やティッシュペーパーなど生活に必要なモノの値上がりが相次いでいます。じわじわと家計への負担が大きくなっていると感じている人も多いのでは […]

【Amazonキャンペーン開始します!】

書籍「頭のいい会社はなぜ、企業型確定拠出年金をはじめているのか」 皆様のご協力もあり、指定の各書店でビジネス書ランキング1位を獲得することができ、 発売から2週間経たずして重版もかかりました。 その節は本当にありがとうご […]

すべてみる