お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜18:00(平日)

メールでのご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

企業型DCとiDeCoの違いを解説

企業型DCとiDeCoの違いを解説

確定拠出年金(通称DC:Defined Contribution Plan)は老後の資産を形成するための年金制度として2001年から始まりました。確定拠出年金には「企業型」と「個人型」の2種類がありますが、今回は企業型DCと個人型DC(iDeCo)の違いを確認していきます。

企業型DCとiDeCoの違い

企業型DCと個人型DC(iDeCo)の違いはどのようなところにあるのでしょうか?
まず、大きな違いとして企業型DCは「福利厚生」としての側面があり、iDeCoは「自助努力」で老後資金を増やしていく制度です。

掛金で言えば、企業型DCは企業が拠出するのに対しiDeCoは自分自身で拠出をします。また、運用期間中の手数料負担は、企業型DCは企業が負担するのに対しiDeCoは自分自身で負担します。

運用商品の選択は、企業型DCでは企業が定めた運営管理機関のラインナップの中から選ぶ必要がありますが、iDeCoは自分自身で金融機関を決めるため運用したい投資信託がラインナップされている機関を選ぶことが可能です。

企業型DCの加入者掛金(マッチング拠出)とiDeCoの掛金は全額が所得控除になります。
企業型DCの事業主負担の掛金は会社の福利厚生費であるため加入者は社会保険料の算定基礎対象外となり、また、事業主は福利厚生費として全額損金算入が可能です。

掛金の納付方法やDCの申し込みにかかる手続きなど、加入者の状況によっても若干違いがあるため実際の手続きは加入金融機関や企業に確認するのが良いでしょう。

【企業型DCと個人型DCの主な違い】

※企業型DC拠出限度額は、DC以外の企業年金がある場合は月額27,500円、iDeCoとの同時加入(法改前)が可能な場合は月額35,000円。

企業型DCは資産運用の入門

企業型DCは従業員にとってメリットの大きい福利厚生としての制度ですが、従業員の意思とは別に企業が導入を決めることもあり、現状は多くの掛金が元本確保型商品に配分されています。

企業型DCの加入者となるタイミングで初めて投資信託などの運用に触れることも多く、リスクに対しての不安や資産運用への苦手意識を持っている方は、資産が上下に変動する株式や債券型の商品よりも元本が確保されているものを選んだ方が安心できると言う気持ちが先立ってしまうのです。

しかし、これからはインフレリスクにも注意が必要です。
インフレとは普段購入している食料品や日用品、サービスの値段が上昇する事です。将来これまでの対価では同等の商品やサービスの提供を受けることができなくなり、額面は同じでも「お金としての価値が下がる」事を言います。
インフレによって資産の価値が目減りしないように、資産を守るための運用が必要と考えます。

企業型DCを導入している場合、「継続投資教育」を実施されることをおすすめします。従業員に向けて、企業の福利厚生を知ってもらったり資産運用の基礎知識や老後のライフプランの考え方などを伝えたりする場として良いきっかけになるでしょう。

▼企業型確定拠出年金に関するお問い合わせ
企業型確定拠出年金を導入されている企業の従業員様向けの投資教育もサポートさせていただきます。ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。

▼合わせて読みたい

Financial DC Japanでは、確定拠出年金の仕組みや運用の知識、年金や社会保険、税金など幅広い情報を短い動画に分かりやすくまとめています。

FDCJチャンネルはこちら▼▼
Financial DC Japan – YouTube

チャンネル登録いただくと最新の動画を視聴する事ができます。

************************************
企業型確定拠出年金の導入・継続投資教育は当社にお任せください。
企業型確定拠出年金専門の企業として、100社以上の企業様に企業型確定拠出年金の
相談から導入まで一貫してご対応をしております。東京、大阪、名古屋、他全国での
ご対応が可能でございます。
************************************

株式会社Financial DC Japan 代表取締役社長岩崎陽介の書籍、『頭のいい会社はなぜ、企業型確定拠出年金をはじめているのか』(青春出版社)絶賛発売中!

  • 発売後たった2週間で重版決定!
  • ★丸善丸の内本店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月7日~4月13日調べ)
  • ★ブックファースト新宿店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月10日~4月16日調べ)
  • ★星野書店近鉄パッセ店・週間ランキング 1位(2022年4月10日~4月16日調べ)
  • ★紀伊國屋書店梅田本店のビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月11日~4月17日調べ)
  • ★三省堂書店名古屋本店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月17日~4月23日調べ)
  • 『ダイヤモンド・オンライン』掲載!
    (記事はコチラ → 元野村證券トップ営業マンが教える、社員が得する「最強の企業年金制度」とは

Amazonから注文ができます! → ご注文フォーム

ご依頼・お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

ブログBlog

インフレ局面で無理せず資産を守る方法

インフレ局面で無理せず資産を守る方法

最近では「価格改定のお知らせ」など値上がりに関するお知らせを目にすることが増え、食料品やティッシュペーパーなど生活に必要なモノの値上がりが相次いでいます。じわじわと家計への負担が大きくなっていると感じている人も多いのでは […]

【Amazonキャンペーン開始します!】

書籍「頭のいい会社はなぜ、企業型確定拠出年金をはじめているのか」 皆様のご協力もあり、指定の各書店でビジネス書ランキング1位を獲得することができ、 発売から2週間経たずして重版もかかりました。 その節は本当にありがとうご […]

すべてみる