2024年から新NISAが始まります

新NISAが2024年から始まります

2014年1月、イギリスのISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)をモデルとした日本版の「NISA(少額投資非課税制度)」がスタートしました。
10年が経過する2024年より、新たなNISAがスタートします。
法改正によってどのように変わるかを見ていきます。

新NISAはどう変わる?

現在NISAの種類は一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAと3種類あります。法改正での変更点を確認していきましょう。

・一般NISAは2階建て仕様に変わる
・投資経験の有無で使い方が違う
・一般NISAから新NISAへのロールオーバー

・つみたてNISAは5年間延長される

・ジュニアNISAは2023年で廃止

新NISAは「2階建て」

まずは一般NISAの変更点からみていきます。

現行の一般NISAは、投資枠が最大120万円(年間)と定められ、その運用利益や配当金・分配金に対しての税金が非課税と言う内容です。商品の種類や積立購入にするか一括購入にするかなどは自由に設計できるのが特徴でした。

政府はより多くの人に積立と分散投資による安定的な資産運用を促すという観点から、NISAの利用方法が変わります。

今回の法改正で、大きく変わった点は「2階建て構造」になることです。
これまでの非課税枠120万円(年間)から1階部分20万円+2階部分102万円=122万円(年間)と2万円が増枠となります。

新NISAの特徴として、まず1階部分の積立(つみたてNISAの対象商品)を利用しなければ、2階部分の非課税枠で投資をすることができません。
1階部分の投資枠は年間20万円まで、つみたてNISAの対象商品での積立に限られます。
投資対象の運用商品で積立の設定を行えば、投資枠を全部埋める必要はなく2階部分の投資が可能となります。

2階部分では高いレバレッジ(てこの原理)を効かせた投資信託など資産形成に不向きな商品はNISAの利用ができない仕様となります。
上場株式(日本・外国)や公募株式投信、ETF、REITでの運用が可能です。
投資枠は年間102万円までで、この部分は一括購入でも積立購入でもどちらを選択しても構いません。

また、投資経験者は1階部分の利用なく2階部分を使って投資をすることもできます。
これまでに一般NISAを利用していた方や投資経験者は事前に運用会社へ届けるなどをして2階部分のみ利用する事ができると言うことです。

※金融庁HPより

長期成長を目指したつみたて優先の制度へ

ここまで、一般NISAから新NISAへの変更点を確認しました。
政府は積立と分散投資による安定的な資産運用を多くの人に知ってもらう事を目的として、一般NISAで運用ができたレバレッジ商品が選定できなくなったり、優先的に積立を利用しなければ一括購入ができないなど、仕様が変わります。

2023年までに一般NISAの利用がある方や投資経験のある方は2階部分のみで投資が可能です。ですが、積立を設定しない場合、これまでの120万円から102万円に非課税投資枠が下がる事になるという事です。
次回、ロールオーバーやつみたてNISAの変更点を確認します。

▼企業型確定拠出年金に関するお問い合わせはこちらから

▼合わせて読みたい

Financial DC Japanでは、確定拠出年金の仕組みや運用の知識、年金や社会保険、税金など幅広い情報を短い動画に分かりやすくまとめています。

FDCJチャンネルはこちら▼▼
Financial DC Japan – YouTube

チャンネル登録いただくと最新の動画を視聴する事ができます。

ご依頼・お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする

ブログBlog

意外と知らない、iDeCoとNISAの違い

意外と知らない、iDeCoとNISAの違い

「NISAを始めたい。」「iDeCoってなんだろう?」「iDeCoとNISAってどっちがお得なの?」将来のために資産運用を考えライフプランを設計し、マネープランを知っていくうちにこのような疑問を持つことはありませんか?今 […]

新NISAのロールオーバーを解説

新NISAのロールオーバーを解説

前回は一般NISAから新NISAの変更点として2階建て構造になる事をお伝えしました。今回はつみたてNISAの変更点と、すでに一般NISAを利用していて、非課税期間5年が終了する時点のロールオーバーについて見ていきましょう […]

すべてみる