お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜18:00(平日)

メールでのご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

イグジットマネジメントと確定拠出年金の重要性

「アフターコロナ」という言葉とともに「働き方改革」が盛んに報道されている昨今、今私たちはコロナ禍真っただ中にいて、以前のコロナの前の生活には程遠い状況です。

こういう状況を好転する材料ととらえ、活発に企業が「改革」を考えている時代に企業体質を入れ替える取り組み「イグジットマネジメント」が重要といわれています。

1.イグジットマネジメントとは?

イグニッションマネジメントとは聞きなれない言葉ですが、意味はどんな意味でしょうか?

組織の健全な新陳代謝を促すために、雇用の入口にあたる採用の一方で、出口(exit)に相当する退職などの個人との関係解消についても戦略的に計画・管理する人材マネジメントのことです。 (日本の人事部より)

現在の日本の企業は終身雇用制度となっており、企業側の都合で雇用している人を解雇するのは難しい法律になっています。優秀な人材を確保することはもちろんなのですが、その優秀な方が退職時まで会社に寄与することはないのです。

優秀な人を確保する「エントリーマネジメント」から、円満退社に導くまでを「エグジットマネジメント」として考えることで企業の活性化を促すこと(イメージは換気されたいつでも空気が新鮮な社内)が重要視されるようになっているのです。

2.イグジットマネジメントのメリット

イグニッションマネジメントはどんな企業に有効なのでしょうか。以下に挙げてみました。

・スキルも能力もその当時は精鋭だったのに、今はやる気を失い活躍していない状況

・中堅社員が増えてしまって若手のアイデアが言いづらい、認められづらい

・新しい人が入社してもすぐにやめてしまうので、平均年齢が上がってしまった

企業が成熟していくにつれて、組織化されるのでこういった悩みはおのずと出てきます。入口があるのなら戦略的に出口も考える経営にしておくと、次の世代につなぎやすく、事業承継にもとても大切な要素です。

3.確定拠出年金を導入するねらいとは?

確定拠出年金は、老後資金のための制度ですが、エグジットマネジメントにも有効に使えます。

確定拠出年金を始めた企業は年1度の投資教育が必要になりますが、その中で老後まで安心してお金を貯める仕組みや、ライフプランの重要性を学ぶこともできます。

高齢の社員が働きたい理由の1つには老後のお金の心配が挙げられます。

お金のことを若いときから計画的に考えている社員にとって老後の「お金の不安」から解消されている状況下では、退職時期に「もっと働きたい」という想いが

「お金のため」ではなく「企業のため」「もっと働きたい」「社会のため」といった、プラスに働くことになります。

また、確定拠出年金があることにより、より長く節税や投資のメリットを享受できることになるので、社員にとってもとてもメリットのある制度となります。

4.企業も、退職者もWIN-WINな関係で

確定拠出年金によってきちんと働くことに意欲を持った社員を再雇用し、お互いWIN-WINで働ける環境づくりができることになります。

確定拠出年金をもっと有効活用し、企業の活性化をしたいものです。

弊社では資産運用のサポートをお手伝いしたいと考え、投資教育にも力を入れています。一部無料で動画を公開しておりますのでぜひご覧ください。

FDCJチャンネルはこちら

また企業型確定拠出年金を導入されている企業の従業員様向けの投資教育もサポートさせていただきます。ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

ブログBlog

50歳からでも遅くない、確定拠出年金の節税メリット

50歳からでも遅くない、確定拠出年金の節税メリット

人生100年時代と言われる今、将来の公的年金だけでは十分ではなく自分自身で努力をして準備をする時代に変化しています。そういった背景から、50代から企業型DCやiDeCoの加入するか悩まれている方も多くいると思います。ここ […]

すべてみる