お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜18:00(平日)

メールでのご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

インフレがもたらす私たちの生活への影響

確定拠出年金とNISAはどちらをやるべきか?

前回のブログでお金の機能からインフレ、それによる現金で持つリスクについてお話ししました。

今回はインフレが私たちの実生活へもたらす具体的な影響について数字で見ていきたいと思います。

日本国内の物価は確実に上昇している

上記の表は1964年の東京オリンピック開催年とその50年後の2014年の物価を比較したものです。

1964年は終戦後15年、高度経済成長期です。そこからの50年、半世紀の間、日本経済はご存知の通り右肩上がりではなく。バブル崩壊、リーマンショックといった不況の波がやってきました。

そんな中でも物価だけを取り上げてみるとこの50年間でモノの値段は着実に上がってきたことが分かります。

例えば卵。1964年には1パックあたり、21.9円でしたが、2014年には253円と約11倍に。JRの初乗りは10円から130円と13倍に。また国民年金保険料は100円から16,100円と約160倍に上がっています。

また、モノの値段だけだはなく、給与も上がっていますね。50年前は21,190円だった大卒初任給は、199,600円と約9倍になりました。

でも、これはこれまでの過去のお話し。これから先の未来はどうなると予測できるのでしょうか?

給与水準が上がることは期待できない

厚労省が発表している「第2回社会保障審議会年金部会 年金財政における経済前提に関する専門委員会」の資料にこのようなデータがありました。

1996年〜2015年の20年間の実質経済成長率と現金給与総額の平均伸び率です。

経済成長率の伸び率は0.8%に対して、給与総額の伸び率は-0.7%でした。

一方で、前回お伝えした通り国は”「物価安定の目標」を消費者物価の前年比上昇率2%と定め、これをできるだけ早期に実現する”と宣言しています。

私たちが労働の対価として得られるお給料。そのベースアップがないとは言い切れませんが、物価上昇に負けないベースアップを期待することは難しいかもしれません。

インフレの時代、預金にはリスクがある

給与が上がる可能性はあまり期待できないけれど、物価は上がっていくことが予想される時代。

頑張って働いて得たお金。それをそのまま現金として保管、預金に預けておく、それだけで本当に大丈夫なのでしょうか。

前回お伝えした通り残念ながらお金を預金に預けておけばお金が増える時代ではなくなりました。インフレに備えるためには、お金を増やす方法を一人ひとりが自分で考えて選択していかなければいけません。

もちろん「それでもやっぱりリスクをとるのは怖い」と感じられる方もいらっしゃると思います。

ただ、預金にも「インフレリスク」という「お金の実質的な価値が下がるリスク」というリスクがあります。「リスクはとっていないから、大丈夫、安心」と思っていてもリスクはあるのです。そして、数十年後には、実質的にお金は減ってしまうかもしれないのです。

どうでしょう?「預金だけでお金を持つこともリスクがある」ということをご理解いただけたでしょうか。

皆さんの資産形成の一助になれば幸いです。

また弊社では企業型確定拠出年金を導入されている企業の従業員様向けの投資教育もサポートさせていただきます。ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

弊社では資産運用のサポートをお手伝いしたいと考え、投資教育にも力を入れています。一部無料で動画を公開しておりますのでぜひご覧ください。

FDCJチャンネルはこちら

ご依頼・お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

ブログBlog

お金が増える思考をインプットしていく投資教育

お金が増える思考をインプットしていく投資教育

確定拠出年金の運用利回り(運用利回り=皆さんが運用している資金の利益部分) の分布を見たことがありますでしょうか?どの年も5%越えの高い利回りを達成している人がいる一方、一番多くを占めているのは0~2%くらいの方です。( […]

持続可能な経営に必要な企業型確定拠出年金

目次1 複利厚生を重視する若手の意識2 複利厚生を会社が実施する本質とは?3 複利厚生の3つのキーワードと確定拠出年金4 会社としての新陳代謝を意識する 複利厚生を重視する若手の意識 新入社員の方の社会生活調査において、 […]

すべてみる