お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜18:00(平日)

メールでのご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

確定拠出年金制度の歴史と普及状況

ここ最近老後2,000万円問題など年金不足の問題が取り上げられる機会が増え、確定拠出年金、iDeCoについて耳にする機会が増えてきました。

ここ最近できた新しい制度と思われている方も多いですが、その成り立ちは今から遡ること約20年程前。今日はその成り立ちについてお話していきます。

確定拠出年金はアメリカから輸入された

今ではDC、iDeCo、という呼び名が定着していますが、昔からこの制度についてご存知の方は ”401k” ”日本版401k” という呼び名の方が聴き慣れているという方もいるかもしれません。

もともとこの制度はアメリカの内国歳入法という税法第401条k項に確定拠出年金制度のもととなる条文が記載されていそこから頭文字をとって”401k”と呼ばれるようになりました。

日本で確定拠出年金法が成立したのは2001年

冒頭でもお話しした通り日本で確定拠出年金法が成立・施工されてから約20年程経過しました。それでも加入率は未だ低く1.9%(2019 年時点)にとどまっています。

また資産残高で見るとどうでしょうか?

制度発足から10年を経過した時点のアメリカと日本を比較してみましょう。

アメリカの確定拠出年金の残高は個人型(IRA)が7,760億ドル、企業型(401k)が4,400億ドル、合計で1兆2,160億ドルに達しており、個人金融資産に占める割合は7.6%でした。

一方、同じく10年経過した時点の日本は、個人型・企業型を合わせた確定拠出年金の残高は5.5兆円となっており、個人金融資産に占める割合はたった0.4%と1%にも到達していません。

同時期のアメリカと比較しても日本国内における確定拠出年金の普及スピードが遅れていることがわかるかと思います。

日本とアメリカの違いは何か

様々な要因が考えられますが、一番大きな違いは「教育」ではないでしょうか。

公的年金がこのままでは危ないということから制度自体は注目を浴びてはいるものの、よく分からないから後回しにしている方も多いのではないでしょうか?

聴き慣れない「投資」「運用」といったワードが出てくると「怪しい」「危なくないの?」といったネガティブなイメージを持ってしまう方もいるかもしれません。

国が変われば当たり前のことなのに、日本ではなぜ浸透しないのか。それはこれまで金融教育を受けてこなかったことが大きいと考えれます。

世界一のスピードで少子高齢化が進む日本において、これから若い方ほど、確定拠出年金に関することはもちろん、「資産運用」「投資」といった「金融」に関する教育はかなり重要になります。

制度に加入されている方もこの制度に加入したことはゴールではなく、加入をきっかけにご自身の「金融リテラシー」を更に高めていきましょう!

弊社では資産運用のサポートをお手伝いしたいと考え、投資教育にも力を入れています。一部無料で動画を公開しておりますのでぜひご覧ください。

FDCJチャンネルはこちら

また企業型確定拠出年金を導入されている企業の従業員様向けの投資教育もサポートさせていただきます。ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

************************************
企業型確定拠出年金の導入・継続投資教育は当社にお任せください。
企業型確定拠出年金専門の企業として、100社以上の企業様に企業型確定拠出年金の
相談から導入まで一貫してご対応をしております。東京、大阪、名古屋、他全国での
ご対応が可能でございます。
************************************

株式会社Financial DC Japan 代表取締役社長岩崎陽介の書籍、『頭のいい会社はなぜ、企業型確定拠出年金をはじめているのか』(青春出版社)絶賛発売中!

  • 発売後たった2週間で重版決定!
  • ★丸善丸の内本店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月7日~4月13日調べ)
  • ★ブックファースト新宿店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月10日~4月16日調べ)
  • ★星野書店近鉄パッセ店・週間ランキング 1位(2022年4月10日~4月16日調べ)
  • ★紀伊國屋書店梅田本店のビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月11日~4月17日調べ)
  • ★三省堂書店名古屋本店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月17日~4月23日調べ)
  • 『ダイヤモンド・オンライン』掲載!
    (記事はコチラ → 元野村證券トップ営業マンが教える、社員が得する「最強の企業年金制度」とは

Amazonから注文ができます! → ご注文フォーム

ご依頼・お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

ブログBlog

インフレ局面で無理せず資産を守る方法

インフレ局面で無理せず資産を守る方法

最近では「価格改定のお知らせ」など値上がりに関するお知らせを目にすることが増え、食料品やティッシュペーパーなど生活に必要なモノの値上がりが相次いでいます。じわじわと家計への負担が大きくなっていると感じている人も多いのでは […]

【Amazonキャンペーン開始します!】

書籍「頭のいい会社はなぜ、企業型確定拠出年金をはじめているのか」 皆様のご協力もあり、指定の各書店でビジネス書ランキング1位を獲得することができ、 発売から2週間経たずして重版もかかりました。 その節は本当にありがとうご […]

すべてみる