確定拠出年金制度の歴史と普及状況

ここ最近老後2,000万円問題など年金不足の問題が取り上げられる機会が増え、確定拠出年金、iDeCoについて耳にする機会が増えてきました。

ここ最近できた新しい制度と思われている方も多いですが、その成り立ちは今から遡ること約20年程前。今日はその成り立ちについてお話していきます。

確定拠出年金はアメリカから輸入された

今ではDC、iDeCo、という呼び名が定着していますが、昔からこの制度についてご存知の方は ”401k” ”日本版401k” という呼び名の方が聴き慣れているという方もいるかもしれません。

もともとこの制度はアメリカの内国歳入法という税法第401条k項に確定拠出年金制度のもととなる条文が記載されていそこから頭文字をとって”401k”と呼ばれるようになりました。

日本で確定拠出年金法が成立したのは2001年

冒頭でもお話しした通り日本で確定拠出年金法が成立・施工されてから約20年程経過しました。それでも加入率は未だ低く1.9%(2019 年時点)にとどまっています。

また資産残高で見るとどうでしょうか?

制度発足から10年を経過した時点のアメリカと日本を比較してみましょう。

アメリカの確定拠出年金の残高は個人型(IRA)が7,760億ドル、企業型(401k)が4,400億ドル、合計で1兆2,160億ドルに達しており、個人金融資産に占める割合は7.6%でした。

一方、同じく10年経過した時点の日本は、個人型・企業型を合わせた確定拠出年金の残高は5.5兆円となっており、個人金融資産に占める割合はたった0.4%と1%にも到達していません。

同時期のアメリカと比較しても日本国内における確定拠出年金の普及スピードが遅れていることがわかるかと思います。

日本とアメリカの違いは何か

様々な要因が考えられますが、一番大きな違いは「教育」ではないでしょうか。

公的年金がこのままでは危ないということから制度自体は注目を浴びてはいるものの、よく分からないから後回しにしている方も多いのではないでしょうか?

聴き慣れない「投資」「運用」といったワードが出てくると「怪しい」「危なくないの?」といったネガティブなイメージを持ってしまう方もいるかもしれません。

国が変われば当たり前のことなのに、日本ではなぜ浸透しないのか。それはこれまで金融教育を受けてこなかったことが大きいと考えれます。

世界一のスピードで少子高齢化が進む日本において、これから若い方ほど、確定拠出年金に関することはもちろん、「資産運用」「投資」といった「金融」に関する教育はかなり重要になります。

制度に加入されている方もこの制度に加入したことはゴールではなく、加入をきっかけにご自身の「金融リテラシー」を更に高めていきましょう!

弊社では資産運用のサポートをお手伝いしたいと考え、投資教育にも力を入れています。一部無料で動画を公開しておりますのでぜひご覧ください。

FDCJチャンネルはこちら

また企業型確定拠出年金を導入されている企業の従業員様向けの投資教育もサポートさせていただきます。ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

ご依頼・お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする

ブログBlog

リタイアメントプランを考える3つのステップ

リタイアメントプランを考える3つのステップ

~リタイアメントプランの作成と内容の確認、見直しについて~ 前回は、退職後の生活を計画、設計するリタイアメントプランの2つ目のステップとして「リタイアメントプランで必要不可欠な各種年金」についてお伝えしました。今回は最後 […]

リタイアメントプランを考える3つのステップ

リタイアメントプランを考える3つのステップ

~リタイアメントプランで必要不可欠な各種年金~ 前回は、退職後の生活を計画、設計するリタイアメントプランの一つ目のステップとして「退職後の収入と支出のバランス」をお伝えしました。今回はステップ2の「リタイアメントプランで […]

SBI提携パートナースタンダード研修ご感想集

■10月9日SBI提携パートナースタンダード研修にご参加いただいた方のご感想集です。 1社は既に導入しているのですが、まだわからないところも多く、参加しました。 何度も話を聞いて、何度も理解することで、よりお客様に丁寧な […]

すべてみる