お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜18:00(平日)

メールでのご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

いまさら聞けない、金融リテラシーって何?

いまさら聞けない、金融リテラシーって何?

そもそもリテラシーとは「物事を適切に理解し、判断する事」を言います。金融に限らず、ネットリテラシーやITリテラシー、メディアリテラシーなど生活には欠かせないさまざまなリテラシーの種類があり、リテラシーを高くすることで正しい情報選択ができるため、生活においてのさまざまな選択において適切な判断ができるようになります。
今回はその中の一つ、金融に関するリテラシーについて見ていきましょう。

人生に必要な金融リテラシー

金融庁では4つの分野で15項目の金融に関する知識や経験を身につける必要性を唱えており「生活スキルとして最低限身につけるべき金融リテラシー」を掲げています。
私たちがしっかりとした基盤を作り生活を送るためには、正しいお金の知識を持つことが必要不可欠で、正しい知識を持つことで判断力も高くなり家計管理やライフプラン設計の実現ができるようになります。

以下は、4つの分野と15項目の中から一部抜粋したものです。

① 家計管理
・家計の収支を適切に管理すること。収支のバランスを見て赤字にならないよう黒字の確保を習慣化する。

② 生活設計
・ライフプランの明確化と、ライフプランに合わせた資金確保の必要性を理解すること。

③ 金融知識及び金融経済事情の理解と適切な金融商品の利用選択
・インターネット取引の利便性は高いが、対面取引とは異なる注意点があることを理解する。
・金融経済教育において基礎となる重要な事や金融経済情勢に応じた金融商品の利用選択を理解する。(金利、単利・複利、インフレ・デフレ、為替、リスク・リターン等)
・保険商品で自分にとって保険でカバーする保障が何かを理解する。
・住宅ローンを組む際の留意点を理解する
・無計画なカードローンやクレジットカードの利用を行わないこと。

④ 外部の知見の適切な活用
・金融商品を利用するにあたり、外部からの知見(セミナーなど)を適切に活用する必要性を理解する。

参考:金融庁 最低限身に付けるべき金融リテラシー
https://www.fsa.go.jp/news/25/sonota/20131129-1/01.pdf

資産運用をしない人も身に付けて欲しいリテラシー

では、「資産運用はしない」と言う理由で投資に関する経済知識や金融商品の知識は備えておかなくても良いのでしょうか?

例えば、電話やインターネット等からオレオレ詐欺や還付金詐欺、投資詐欺や架空請求詐欺などの「〇〇詐欺」と呼ばれるものは手口を変えながらも後を絶ちません。こう言った詐欺から身を守るためにも日ごろから金融や経済のニュースに関心を持ち、金融リテラシーを上げておくことは大切です。

また、ライフプランを実現するためにはマネープランとセットで考える必要があります。「いつまでに、〇〇円を貯めて家族旅行にでかけよう」「豊かなセカンドライフを送るために老後資金として〇〇円貯めておきたい」などのライフプランを実現するために、マネープランは欠かせません。
マネープランを考えた時に、金融経済の知識や金融商品の知識を備えておくと、お金を貯める・増やす方法や手段の幅が広がり、より効率的に資産を増やすことが出来るかもしれません。

豊かな未来を実現するためにリテラシーを高めよう

金融や経済に関してアンテナを高くすると、預金の金利が低い事や世界的にインフレに向かっている事、預金だけではなく株や債券で資産を持つ方法があるなどの知見や知識が増えていきます。

どのような金融商品があり、どのような特徴でどのようなリスクがあるか、例えば専門家の金融セミナーなどに参加して勉強しておけば、自分に合った投資方法を見つけ、適切なタイミングで資産を効率的に増やす事ができるかも知れません。

金融リテラシーは大事な生活スキルです。自分自身で問題を解決ができる能力を備え、これからの未来をより豊かなものにするために家計の金融資産を育てる力も備えていきましょう。

▼企業型確定拠出年金に関するお問い合わせはこちらから

▼合わせて読みたい

Financial DC Japanでは、確定拠出年金の仕組みや運用の知識、年金や社会保険、税金など幅広い情報を短い動画に分かりやすくまとめています。

FDCJチャンネルはこちら▼▼
Financial DC Japan – YouTube

チャンネル登録いただくと最新の動画を視聴する事ができます。

************************************
企業型確定拠出年金の導入・継続投資教育は当社にお任せください。
企業型確定拠出年金専門の企業として、100社以上の企業様に企業型確定拠出年金の
相談から導入まで一貫してご対応をしております。東京、大阪、名古屋、他全国での
ご対応が可能でございます。
************************************

株式会社Financial DC Japan 代表取締役社長岩崎陽介の書籍、『頭のいい会社はなぜ、企業型確定拠出年金をはじめているのか』(青春出版社)絶賛発売中!

  • 発売後たった2週間で重版決定!
  • ★丸善丸の内本店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月7日~4月13日調べ)
  • ★ブックファースト新宿店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月10日~4月16日調べ)
  • ★星野書店近鉄パッセ店・週間ランキング 1位(2022年4月10日~4月16日調べ)
  • ★紀伊國屋書店梅田本店のビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月11日~4月17日調べ)
  • ★三省堂書店名古屋本店ビジネス書部門・週間ビジネス書ランキング1位(2022年4月17日~4月23日調べ)
  • 『ダイヤモンド・オンライン』掲載!
    (記事はコチラ → 元野村證券トップ営業マンが教える、社員が得する「最強の企業年金制度」とは

Amazonから注文ができます! → ご注文フォーム

ご依頼・お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

ブログBlog

インフレ局面で無理せず資産を守る方法

インフレ局面で無理せず資産を守る方法

最近では「価格改定のお知らせ」など値上がりに関するお知らせを目にすることが増え、食料品やティッシュペーパーなど生活に必要なモノの値上がりが相次いでいます。じわじわと家計への負担が大きくなっていると感じている人も多いのでは […]

【Amazonキャンペーン開始します!】

書籍「頭のいい会社はなぜ、企業型確定拠出年金をはじめているのか」 皆様のご協力もあり、指定の各書店でビジネス書ランキング1位を獲得することができ、 発売から2週間経たずして重版もかかりました。 その節は本当にありがとうご […]

すべてみる