年金の日をご存じですか?

平成26年度から、厚生労働省が毎年11月30日(いいみらい)を「年金の日」として‘‘国民ひとりひとりが、高齢になった時の生活設計に思いを巡らせる日‘‘として呼びかけを始めました。

・「ねんきんネット」等を利用して年金記録や年金受給見込額を確認する
・ 高齢期に備え、その生活設計に思いを巡らしていただくこと
を目的としています。

「ねんきんネット」で確認をしよう

ねんきんネットはスマホやパソコンからいつでもアクセスでき、

年金記録の確認や将来の年金受給見込み額の試算、電子版ねんきん定期便の閲覧など年金に関するさまざまな情報や機能を利用することができます。

節目の年齢の誕生日以外はハガキでの送付となっているねんきん定期便。こちらのハガキを参考にアクセスキーを使うと簡単にねんきんネットに登録ができ、年金受給額の目安を求めることができます。

登録は日本年金機構のホームページから可能で、アクセスキーの他マイナンバーカードから利用の登録もできるようになりました。

ねんきんネット|日本年金機構 (nenkin.go.jp)https://www.nenkin.go.jp/n_net/index.html

日本の公的年金は2階建て

日本の公的年金制度は働き方にもよりますが2階建て(1階部分は国民年金、2階部分は厚生年金や共済年金)になっています。
1階部分の国民年金は日本国内に居住している20歳以上の人全員に義務付けられており、2021年現在で月々の国民年金納付額は16,610円です。
20歳から60歳まで保険料をすべて納付していれば、65歳から支給開始で月額約6.5万円を受給することができます。(2021年度受給の方)

年金は老後のための役割と思われがちですが、老齢年金だけではなく病気やけがで障害が残った時などに受給ができる障害年金などの機能を備えています。
「もしもの時に、年金は私たちを助けてくれる」大切な制度です。

※出典厚生労働省

確定拠出年金で3階建ての年金づくりをしよう

自営業の方は国民年金のほか任意で加入する国民年金基金があったり、サラリーマンの方は企業が社員のために企業年金を設立したり、国民年金や厚生年金に上乗せで受給することができます。

企業型確定拠出年金や個人型確定拠出年金(iDeCo)で3階建て部分の年金を作ることができます。確定拠出年金は掛金が全額所得控除になり、税金面で大きなメリットを受けながら年金額を増やすことができるためオススメです。

1年に1度の年金の日です。この機会に、自身の老後に思いを巡らせ、どれくらいの大きさの生活を望みその時にどれくらいの年金額を受給できるか確認してみてはいかがでしょうか。

▼企業型確定拠出年金に関するお問い合わせはこちらから

▼合わせて読みたい

Financial DC Japanでは、確定拠出年金の仕組みや運用の知識、年金や社会保険、税金など幅広い情報を短い動画に分かりやすくまとめています。

FDCJチャンネルはこちら▼▼
Financial DC Japan – YouTube

チャンネル登録いただくと最新の動画を視聴する事ができます。

ご依頼・お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする

ブログBlog

意外と知らない、iDeCoとNISAの違い

意外と知らない、iDeCoとNISAの違い

「NISAを始めたい。」「iDeCoってなんだろう?」「iDeCoとNISAってどっちがお得なの?」将来のために資産運用を考えライフプランを設計し、マネープランを知っていくうちにこのような疑問を持つことはありませんか?今 […]

新NISAのロールオーバーを解説

新NISAのロールオーバーを解説

前回は一般NISAから新NISAの変更点として2階建て構造になる事をお伝えしました。今回はつみたてNISAの変更点と、すでに一般NISAを利用していて、非課税期間5年が終了する時点のロールオーバーについて見ていきましょう […]

すべてみる