お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜18:00(平日)

メールでのご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

確定拠出年金とは

よく私たちは確定拠出年金を「DC」と呼びます。そもそもDCとはどんな制度かを解説していきたいと思います。

確定拠出年金は、(かくていきょしゅつねんきん)と読みます。別名をDC:Defined Contribution Plan」(略してディーシー)と言います。

この制度は2001年(平成13年)10月1日から始まった制度となります。この制度は「日本版401k」とも言われます。

日本の公的な年金だけでは生活費の確保が難しいと考えた日本は、アメリカの「401k」プランが成功している事例を参考に日本の確定拠出年金の制度を開始しました。

よく、確定拠出年金のことを「401k」と呼ぶのはそのためです。

日本の年金制度は「賦課方式」といって、現役世代からお金を集めてそのお金を今の高齢者世代の年金に充てる方式なので、少子化の現代ではどうしても現役世代に負担が行ってしまいます。

この制度の利点は、自分で拠出した(積み立てていくこと)お金を、全額自分の年金として利用できることにあります。「確定」「拠出」という名前からも分かります。

簡単に言えば、自分で自分のための老後資金を確保しましょうね。ということです。国任せにせずに、自分の老後資金を積み立てていける制度となります。では、普通の貯金とは何が違うのでしょうか。

それは、国が国民に老後資金を貯めてほしいという想いから用意した制度なので、国がこの確定拠出のために多くの優遇制度を用意していることにあります。

それは、拠出時の税金優遇制度、運用時の優遇制度、受け取るときの優遇制度と多岐にわたります。

この優遇制度についても解説していきますが、とにかく老後資金を積み立てる時に一番有利な方法は?と聞かれたら、「確定拠出年金」になるわけです。

また、この制度はアメリカの成功例にならい、長期間、リスク分散をしながら「投資」をして行ける制度になっております。この利点もまた解説していけたらと思っています。

ご依頼・お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

ブログBlog

お金が増える思考をインプットしていく投資教育

お金が増える思考をインプットしていく投資教育

確定拠出年金の運用利回り(運用利回り=皆さんが運用している資金の利益部分) の分布を見たことがありますでしょうか?どの年も5%越えの高い利回りを達成している人がいる一方、一番多くを占めているのは0~2%くらいの方です。( […]

持続可能な経営に必要な企業型確定拠出年金

目次1 複利厚生を重視する若手の意識2 複利厚生を会社が実施する本質とは?3 複利厚生の3つのキーワードと確定拠出年金4 会社としての新陳代謝を意識する 複利厚生を重視する若手の意識 新入社員の方の社会生活調査において、 […]

すべてみる